防寒対策について

寒い季節は、赤ちゃんの防寒着選びもしっかりと気合いを入れて選ぶ必要があります。基本的には、ご自宅では長肌着やツーウェイオールなどで過ごしておいて、外に出る時にはアウターなどのプラスアルファを使って防寒するのが一般的になります。防寒着を選ぶ場合には、とにかく保温性の高い素材である事が重要になります。汗を吸ってくれるのはツーウェイオールや長肌着に任せて、アウターは、それとは分けて温性の高い素材の服を選ぶようにしてください

また、室内では、汗をかいたらそのまま汗が冷えてしまう事にも繋がりますので、室内に入ったら直ぐに脱ぐ事ができるようなアウターがおすすめです。アウターを選ぶ場合には、複数買いは要注意です。アウターは冬のシーズンしか使用しませんが、来年の冬になったら、同じアウターを着る事はできません。大き目を買っておけば良いと思われる方もいらっしゃると思いますが、来年はどれくらい大きくなっているかわかりませんし、そもそも、購入してから大きすぎてしまうと子供に不必要なストレスを与えてしまいますので、ジャストサイズよりも少しだけ大き目を購入するのがおすすめです。また、リサイクルショップなどで程度のよいアウターを購入するのもおすすめになります。

ツーウェイオールの用途

新生児の時期には、検診などたまに外に出るくらいで、基本的には自宅でゆっくりと過ごす事になります。その為、基本的には長肌着でいる事がメインになります。その為、冬の時期には、まずは長肌着を購入する事をおすすめします。特にご自宅に乾燥機が無いという方は、すぐに汚してしまいますので、少し多目に購入しておくようにしてください。

長袖義と合わせて必要になるのがツーウェイオールです。このツーウェイオールは、ボタンの留め方を変える事で、ドレスオールとカバーオールに変化する事ができる便利なベビー服になります。ドレスオールとカバーオールの両方のデザインで使用する事ができますので、色糸と好みのデザインや色で複数用意しておくと、寒い日の急なお出掛けの時などにも便利です。個人的には冬に生まれた赤ちゃんの場合には、洗い替えの分も考えて3枚程度準備しておくのもおすすめです。

リーズナブルだからと言って5枚、10枚と購入してしまうと、赤ちゃんが直ぐに大きくなってしまいますので、着られなくなってしまうかも知れませんので、最初は3枚程度にしておいて、必要な分を買い足すようにするのがおすすめです。もちろん、新生児の赤ちゃんは肌が弱いので、肌荒れを考えて素材を選ぶようにしてください。